iOS7の脱獄方法について

こんにちは。今日、ついにiOS7が正式リリースされましたね!
僕もTethered Jailbreakすら出来ないiOS6.1.4には未練がないため、早速アップデートしたのですが、今回のiOS7のJailbreakはどうなるのでしょうか?

今日2013/09/19時点でわかっている情報をもとに、脱獄に関する情報をまとめてみました。

この記事に書かれている情報は古いものです。
最新の情報はこちらより確認することができます。 


スポンサードリンク

現状のJailbreak

現在、iOS7でJailbreakできるデバイスは存在しません。

残念ながらBootROM exploitのあるiPhone3GSはiOS7にアップグレードできませんし・・・。

Planetbeing氏が脱獄に必要なピースが集まったと報告

We’re still working hard on the Jailbreak.
May have all the pieces at this point(but not certain yet).
私達は、まだJailbreakに向けて一生懸命仕事を進めています。
まだ確実ではありませんが、Jailbreakに必要なピースが私のもとに集まったかもしれません。

文面をそのまま訳しました。
Jailbreakに関して著名な人物によるiOS7 Jailbreakについての発言がこう多いと、一般人がiOS7がJailbreak可能になるまでそう長くは無い気がしますね。

Pod2g氏はiOS7 Jailbreakに自信がある様子


本人Twitterより、「iOS7の一般向けJailbreakツールの開発は順調に進んでいます(すぐに出るという意味ではありません)」とのこと。

100%脱獄できなくなった、というわけではない様子です!今バージョンも十分Jailbreakの見込みがある様子。

Petrich氏は既にiOS7betaでJailbreakしている

BOC_wC9CYAAuQni
Source: iOS 7 Has Already Been Jailbroken, And Here’s Proof [Image]

Cult of Macによると、Petrich氏は既にiOS7 beta3でJailbreakに成功しているとのことです。
上の画像を見て分かるように、iOS7beta上にActivatorがインストールされており、更に「System Version Too New」のダイアログが表示されていることがわかります。
Pod2g氏の発言を裏付けるように、iOS7は完全に脱獄不可能であるというわけではなく、一般向けに脱獄ツールがリリースされることも十分にありうる、ということが分かります。

本人Twitter情報確認済

MuscleNerd氏による発言

(iOS7にアップデードしても良いのですか?という質問に対し)
既にiOS7.xにアップデートしているのであれば、それなら7.0.xから7.0.3へアップデートするのは何にも問題はない。 

iOS7.0.3でのバグの修正はJBに対し影響を持たないでしょう。

何よりバグが修正されることは良いことですし、すでにiOS7を使っているのであれば、アップデートしても何も問題はなさそうです。
ただ、いまだiOS6以前のOSを使っており、iOS7.0.3にアップデートする方は入獄状態に戻るのでご注意ください。

そもそも、iOS7にJailbreakは必要なのか 

正直、最近のiOSの進化を見ていると、もはやJailbreakする意味が無いような気がしてきました。
iOS7はアイコンがダサいため、どうしても変えたいなんて人はrootを取るためにJailbreakするかもしれませんが、かなりJailbreakする意味も無くなってきている現状です。

僕はロック画面をいじり倒したいと思うのと、YourTubeが必要なのでJailbreakしたいと思っていますが、今どき一般ユーザーがJailbreakする意味は無くなってきたような気がしますね。

まあ、Jailbreakしたところで悪いこともありませんし、僕はどちらにせよJailbreakする予定です!
ハッカーがツールをリリースしてくれることを祈って、気長に待ちましょう。 

スポンサードリンク

keno31o

keno31o

コンピュータとゲームが大好きな岐阜県の高校生です。 最近はデザインやプログラミングなどを独学中。音楽もたしなみます。 Twitter:脱獄関連用 | 普段使い用(鍵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>