「EffacePad」 パスコード入力画面に一文字だけパスコードを消せる[Delete]キーを追加!

なんか久しぶりにブログを書いたら結構楽しくなってきたのでこれから更新増えるかもしれません。

本日二個目の記事で紹介するのは「EfforsePad」という名前のTweakです。機能としてはタイトルに書いたとおり、[Delete]キーを追加してくれるものです。

文字列パスコードの場合は通常のキーボードが使用できるので1文字1文字消すことができるのですが、4桁パスコードでは削除キーがないため、打ち間違えるとキャンセルして全部消すしかないんですよね。

それだと大変煩わしいので、このTweakを使って一文字ずつパスを消せるようにしましょう!

(さらに…)

Read More

「Support Unsupported Accessories 8」非純正の格安Lightningケーブルや充電器を使う!

iPhoneの純正lightningケーブルってメチャクチャ高い(→2000円とか普通にする)ですよね。AndroidスマホだとmicroUSBとかで充電も同期もできるので、ケーブルに関する心配は全くないと言っても差し支えないですが、iPhoneの場合、一度30pinケーブルからlightningへと仕様が変更されている上、MFi認証という認定を受けたケーブルでなくば充電さえできないという結構な仕打ちになっています。

しかもiPhone純正lightningケーブルは根本がものすごく貧弱!かばんに突っ込んで乱雑に引っ張ったり、布団で充電しながら寝て、そのままiPhoneを体で踏んづけたりしてるだけですぐガタが来てしまいます。

もちろん、Appleもこのケーブルがモロいということを認識しているようで、iPhone購入後2年程度は無料で交換できる制度が整っています。ですが、その期間が終わったあとは残念ながら修理は有償、結局2000円程度取られてしまいます。

というわけでおそらく皆さんが考えつくのは、「Amazonで売ってるめっちゃ安い中華製ケーブルでええやん!」ってことだと思いますが、レビューを見てみると「使えない」とか「発火する」とか、使う気を失くさせるようなレビューばかり…

IMG_6586 - コピー

…実は僕もケーブルを先日破壊してしまい、しかも先々月で交換対象期間も終了してしまったのでhanyetech製の200円ケーブルを購入した次第なのですが、4,5分接続しっぱなしにしたあと、上の画像のような「使用できません」メッセージが表示されてしまうという現象に陥ってしまったのです。

これこそがMFi認証を受けていないlightningケーブルのダメな部分なんですが、なんと、脱獄している人たちはこういう表示を回避して充電・同期に非純正ケーブルを使用することができるのです

(さらに…)

Read More